あなたは情報中毒者ですか それとも情報ユーザーですか?

目安時間 4分
あなたは情報中毒者ですか それとも情報ユーザーですか?


世の中には、情報を取り入れる際に、
2つのタイプの人がいます。


ひとつは情報中毒者、
もう一つは、情報ユーザー。


あなたはどちらでしょうか?


結論としては、情報ユーザーになりましょうということです。


なぜか?


なぜなら、
情報を取り入れるということに喜びを感じるよりも、
得た情報を実際に使って、
自分の生活に役立てたほうが、遥かに役に立ちますし、
経済的ですし、更にお金ももうかり、ドンドン賢くなるわけです。


情報ユーザーであれば、
何らかの方法で得た情報を活用して、
単に情報を買うというプロセスから抜け出せなくなる、、、


なんてことはないでしょう。


せっかく手に入れた情報を手に入れた瞬間に、
その喜びは失せ、
次の商品を探しにいく、、というのは、
情報販売をしている側にとっては嬉しいターゲットですが、
私のメルマガの読者の方々には、
得た情報を活用して欲しいと思うわけです。


買ったのに1年以上全然読んでいない本が多いと、
情報中毒者になってしまっている可能性があります。


でも安心してください。


情報ユーザーになる方法がここにあります。


情報商品を買う時には、いつまでに読むかを決め、
学んだことを実行に移しましょう。


例えば、商品を受け取って24時間以内に、その中で
勧められている行動の1つを実践するという目標を立てましょう。




そして、購入した商品によって
何らかの進歩が得られるまでは、
次の商品に手を出さないようにしましょう。




これは、勉強という情報を取り入れる作業にも
全く同じことがいえます。


もちろん、資格試験に合格するためには、
その範囲を必要にして充分な分野・量を網羅している
書籍を使うべきですが、一気にあれこれ手をつけないのがコツです。


1冊素早く7回繰り返してやり通す。




それができたら、次の問題集、参考書に取り掛かる。


このプロセスがとても重要です。




わたしも苦い経験をしたことがあります。


これだけの参考書を勉強する必要がある!
と全部買ったはいいけど、進まない。。。


でも、1冊ずつ片っ端から7回繰り返してやり通し、
それが終わったら次の参考書・問題集に移行する。


この方法を取ることによって、消防設備士という国家資格
全類を取ることができました。


ということで、今すぐできることとして、
まず、読みたいなと思っている本を書き出してみましょう。


予想以上に多くあると思います。


その目次だけを見てみたらいいと思います。


目次を見て、面白そうというところのページまでジャンプして
その項目だけ読んでみましょう。


テレビを見ている暇があれば、そのフレーズぐらいは
読む時間があると思います。


こうして、実際に情報を使うことによって
思考力を鍛えて、頭を良くし、
真理真実を見分けられるようになっていきましょう。

この記事に関連する記事一覧

以下にメールアドレスを入力してお申し込みください

メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

管理人プロフィール

ジョセフ プロフィール画像
当サイトの管理人:ジョセフ

管理人の30代の脳科学マーケターです。

日本生まれ日本育ちの日系ユダヤ人です。

ジョセフは、京都大学大学院 理学研究科を卒業し、社会人のクライアントに、すぐに稼ぎに繋がる勉強を教えるコンサルティングをしています。

4ヶ国語を話し、語学、化学専門分野の知識をわかりやすくお伝えすることが得意です。

詳しいプロフィールはこちら

最近の投稿
サイト内検索
ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
下のバナークリックして応援してね

資格受験ランキング

カテゴリ
タグクラウド